読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四柱推命では自分の中でけんかしちゃうこともあるんだよ

四柱推命のクライアントさんの話

前回はそのちゃんの命式を例にして

お話ししたけど、今回は私の

クライアントさんの話をするよ

 

彼女はアラサーのとっても素敵なOLさん

 

とにかく仕事ができて特に発想力や企画力

が半端なく、頭が良くてなんでもこなす

スーパーOLなのですが、

 

とても気分屋で気分が乗らないと

資格試験でも研修でもキャンセルしちゃうし

月の半分遅刻したり。

 

気分が乗らないと動けない自分を

とても責めていたそう

 

とにかく仕事ができるから重用されていたけど

気分が乗らないと動けないというところで

評価を落としがちだったのね。

 

そんな彼女の命式を観てみたよ

 

まずは

これはとっても浮き沈みの多い人生になりがちな星

 天才の星とも言われ、この星を持ってとんでもない量の

努力を積み重ねた人は半端なく大成する星です。

イチローとかね

 

 

とんでもない才能に恵まれる人が多いのですが

とにかく自由で気分屋で、普通は嫌、みんなと一緒じゃ

つまらない。

どーしてもどーしても発想そのものが普通じゃない

 

とんでもない量の努力を積み重ねた人は

大成する星だけど

それができない人が多くて

だめだととことんダメな人生を歩みがちになっちゃう

 

彼女が言っていたように資格試験だろうが進級試験だろうが

 気分が乗らなきゃブッチしちゃうし

 

だから

とんでもなく頭がいいのにね、、、、

ね、、、どうして??

 

みたいな人とても多い

 

で、次に偏印

これがまたとにかく発想力が半端ないアイデアマン

IT,語学、医療系の知識に強く

オタクっぽいこと大好き、なんに対しても

知的好奇心旺盛で、そしてやっぱり変わっている

 

絶+偏印

の時点で普通に生きるのはかなり苦痛なはず。

他の人が当たり前にできることが

自分だけできない

 

彼女の両親は非常に教育熱心な

常識的な人でかなりきびしく育てられたらしい

そのせいでせっかくの才能を生かせず

自分を責めてしまいがちになる人もいる

 

彼女はこれに正官

をもっていたんですねー

これはまあ、お役人みたいな星

常識や道徳で行動するべきべきの星

 

自分のことより公の利益を考え

つねに正しく常識的に行動すべき

 

この正官が彼女の自由な発想力、

気分でしか行動できない自分を

 

自分の中で責め続ける

生きづらさの原因だったわけです。

 

 

じゃあ、もう気分でしか動けないのはしょうがないんですね

 

そう言って、彼女もほっとしてました。

 

命式にはほかの星もあるし

命式全体のエネルギーの大きさもあるので

もっともっとたくさんお話したのですが、

 

彼女は5つのうち4つの星をもっていて

バランスはいいほうに入るのですが

 

その星のなかにも相性が合って

自分がどんな星を持ているか

 

その生かし方を知らないとこんな風に

命式の中で星同士がけんかしちゃうことも

あるんだなーと思いました。