読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフイメージを高める方法

セルフイメージを上げるのに必要なことは2つ
自分へのダメ出しをやめる
自分をねぎらう

 

自分へのダメ出し(ジャッジ)のもとになっているのは
その人の価値観


信念って言ったほうがいいいかも


頭のなかで絶対そうって思っている信念


努力が美徳っていう信念を持っていれば
コツコツルーティンな努力を続けられる人は上

だらだら怠け者は下

 

家がきれいにできる人は上で出来ない人は下


これがジャッジ。強烈な自分へのダメ出しの原因になる

 

このダメ出しをやめることがセルフイメージを上げるために
まずやらなければいけないことだと思う


その信念をもとに自分を裁くとき
強烈な自分へのダメ出しになってしまう。

 

このダメ出しのやめ方


まずこの一週間以内に頭にきたこと、イラっとしたこと
えーっ!と違和感を感じたことを書き出します。

 

そしてなぜ自分がイラっとしたのか考えます。


他人にすぐに不機嫌な顔をみせて

威圧的な人にイラっとしたなら


人に嫌な思いをさせないように

気を使ってコミュニケーションを

取らねければいけないという


信念があなたにあってそれを目の前で

平気で破る人にショックと嫌悪感を

持っているだけです。


ほんとは他人に不機嫌な顔をみせてもいいし、


言いたいことがあれば言ってもいいし、


それによって相手がどう思おうが

関係ないのです。


でも自分の信念に基づいて

ずっと我慢していたのに


目の前で平気でその信念を破られる

と我慢していた自分が損をした気になる


だから認めたくない

 

ほんとは自分だって信念をやぶって

自由にふるまいたいのです。

 

そこには他人を不必要に傷つけない人は上、

傷つける人は下


という物差しがあります


この物差しがいつも自分と他人に

ダメだしをする物差しです

 

この物差しを縦ではなく

くるっと横にすると

 

これは上下がなくなります
ただの分類になります

 

自分の機嫌をそのまま顔に出す人もいれば、
相手を気遣って優しく明るく接する人もいる

 

ただそういう人がいる

そこに上下はない


だから自分もどっちでも好きなように
ふるまえばいいのです。